art

『日本の家 1945年以降の建築と暮らし』東京国立近代美術館

art

会期: 2017年7月19日(水)~ 2017年10月29日(日) 開館時間: 10:00-17:00(金・土曜は10:00-21:00) *入館は閉館30分前まで

野口里佳 「海底」

art

会期:2017年9月9日(土) – 10月7日(土) 会場:タカ・イシイギャラリー 東京 営業時間: 11:00 – 19:00 定休日: 日・月・祝祭日

 建築倉庫ミュージアム

art

『片岡球子・面構 神奈川県立近代美術館コレクションを中心に』平塚市美術館

art

2017年9月30日(土) ~11月26日(日)開館時間 9:30 ~ 17:00(入場は16:30 まで) 休 館 日 月曜日(ただし、10/9(月・祝)は開館、翌火曜休館) 観覧料金 一般800(640) 円/高大生500(400) 円

東京藝術大学創立130周年記念特別展 「皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト」東京藝術大学大学美術館

art

会期: 2017年10月28日(土)-11月26日(日) 午前9時 30分- 午後5時(入館は午後4時30分まで) ※会期中の金・土曜日は午後 8 時まで開館(入館は午後 7 時 30 分まで) 休館日: 月曜日 会場: 東京藝術大学大学美術館 展示室1、2

『フランス人間国宝展』東京国立博物館

art

会 期 2017年9月12日(火) ~11月26日(日) 会 場 東京国立博物館 表慶館(上野公園)

『特別回顧展 生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ』東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

art

会期:2017年9月16日(土)~11月12日(日) 休館日:月曜日(ただし9月18日、10月9日は開館、翌火曜日も開館) 会場:東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館

『大ダルマ制作200年記念 パフォーマー☆北斎 ~江戸と名古屋を駆ける~』すみだ北斎美術館

art

名古屋で行われた大ダルマを描くパフォーマンス題材と周辺の作品の展示。北斎漫画もたくさん、微細でユーモラス、楽しい作品。前売り券を友人に貰って良かった。結構な行列は券を買う人たち。

『サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで』国立新美術館・森美術館

art

2017年7月5日(水)~10月23日(月)会場(2館同時開催)国立新美術館 企画展示室 2E 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2 開館時間:10:00~18:00(毎週金曜日・土曜日は21:00まで) ※入場は閉館の30分前まで 休館日:毎週火曜日森美術館 〒106-6150 東京…

白根ゆたんぽ「WIDE SET」TAMBOURIN GALLERY Diary

art

2017/09/05(火)~09/17(日) 11:00~19:00(月曜休・最終日18:00まで) 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-3-24 Tel:03-5770-2331 open 11:00-19:00(展示最終日18:00まで) 月曜休 ゆたんぽさんの足して引いて女の子の魅力が変わる、ある種数学的なエロが…

『上田市立美術館コレクション展 光と影で魅せる― 写真家 ハリー・K・シゲタの世界』上田市立美術館 - サントミューゼ

art

「漫画『真田太平記』原画展」池波正太郎 真田太平記館

art

『上田城下町・川の謎-矢出沢川と蛭沢川-』上田市立博物館

art

『総合開館20周年記念 荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-』東京都写真美術館

art

開催期間:2017年7月25日(火)~9月24日(日) 休館日:毎週月曜日(ただし9月18日(月・祝)は開館し、19日(火)は休館)『冬の旅』愛する人の生から死へ。写真家はそこまで切り取らなければならないのかという業、切り取られた心象風景の切なさにグッと…

『AMBIENT 深澤直人がデザインする生活の周囲展』汐留ミュージアム

art

開館期間 2017年7月8日(土)~10月1日(日) 開館時間 午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで) 休館日 水曜日、8月14日(月)~16日(水)これほど身近で使用した製品が多い現代のプロダクトデザイナーはいるだろうか。無印良品、プラスマイナ…

『特別展  アンニョンハセヨ!元暁法師―日本がみつめた新羅・高麗仏教―』金沢文庫

art

面白かった。韓国仏教という未知の世界の一端を新羅の学僧・元暁の伝説と思想業績でみせる展示。唐を目指すふたりの僧は同時代の最澄・空海を思い起こさせる。韓国仏教は廃仏により日本の資料が主なんだな。

 『ジャコメッティ展』国立新美術館

art

2017年6月14日(水)〜9月4日(月) 太古の呪術と現代の人間の芯を削りとった姿と浮かび上がる業の層が重なりあった像と感じる。デッサンも独特で飽きない。しかしジャコメッティーってノリありなのか。美術館向け商品の参考にしたい。

川内倫子「Halo」 at POST / limArt

art

鳥の群れ、火花、神事、雨粒。より群体としての美、古しき美にフォーカスしたインスタレーション作品。

 『色絵の器 −天啓赤絵・呉州赤絵・古伊万里赤絵−』日本民藝館

art

2017年6月27日(火)〜8月27日(日) 明末期の上絵付けの器。大胆で豪放磊落なデザインだな。濱田庄司が手掛けると途端にらしくなる。

 『生誕100年 長沢節展ーデッサンの名手、セツ・モードセミナーのカリスマ校長ー』弥生美術館

art

会期:2017年4月1日(金)〜6月25日(日)うわー人間ってカッコいいんだな!と惚れ惚れするイラスト。背中から腰から脚先の骨格と着こなしが素敵すぎる。

 『エリザベス ペイトン展』原美術館

art

都市、宮廷、ドラマティックな色彩、若さの鬱屈と繊細さを秘めた線描で描かれた世界。僕はどこか『シング・ストリート』を思い出したな。これは好き。期間:2017年1月21日[土] ― 5月7日[日] 開館日数 92日

 『YCC Temporary 大巻伸嗣』

art

白皙の街路図、街の都市の1日、光とネオンの明滅、横浜の歴史。15分で体感するインスタレーション作品。

 『花森安治の仕事―デザインする手、編集長の眼』世田谷美術館

art

楽しみにしていた展示だったが、想像以上に面白かった。当時庶民が買える一点ものであったろう生活に必要な物への徹底した商品テスト、今のあらゆる情報誌の原点と感じる情報尺度、いくら観ても飽きないイラスト・デザイン性・表紙の力。期間:2017年2月11日…

 『Dance Happening Tokyo 1961 ウィリアム・クライン』Akio Nagasawa Gallery

art

土方、大野一、大野慶たち、3人の舞踏家の猥雑で強烈な街頭パフォーマンス。肉体肉体肉体!

 『総合開館20周年記念 TOPコレクション 東京・TOKYO』東京都写真美術館

art

入口付近の一流写真家作品の構図、被写体の圧、猥雑さに圧倒される。時代が進むにつれ、ワンアイデアでのし上がる現代写真家たちという流れを体感。

 『総合開館20周年記念 東京・TOKYO 日本の新進作家vol.13』東京都写真美術館

art

中藤毅彦の艶やかさ、佐藤信太郎のパノラマの作りめいた集合体、元田敬三の夜露死苦ロックンロールな人とコメント、僕の好きな東京の様々な切り口の作品は楽しい。

 『アピチャッポン・ウィーラセタクン 亡霊たち』東京都写真美術館

art

開催期間:2016年12月13日(火)〜2017年1月29日(日) 休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館) アピチャッポンの作品は記憶の集積装置の様だ。森を彷徨い、都市を彷徨い、歴史を彷徨い、人の狭間を彷徨う。見上げる火花の間に…

  2016年BEST展示

art

KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭『古賀絵里子 Tryadhvan(トリャドヴァン)』長江家住宅 『Fiona Tan Ascent|フィオナ・タン アセント』IZU PHOTO MUSEUM KYOTOGRAPHIE京都国際写真祭『マグナム・フォト/EXILE − 居場所を失った人々の記録』無名舎 『ジャック…

 『Les Parfums Japonais ―香りの意匠、100年の歩み―』資生堂ギャラリー

art

2016年11月2日(水)〜12月25日(日) ラリックから資生堂現在の香水瓶とインタラクティブアートとフランス語の囁き。この気分で銀座を闊歩したくなる展示。

 『アートフォト東京 −エディション ゼロ−』東京・茅場町共同ビルディング(中央区日本橋1-6-12:茅場町駅直結)

art

11月18日(金)・19日(土) 12:00〜20:00ここ数年で観たアートフォトフェアでは一番楽しかった。気になったのは志水児王、春木麻衣子かな。さわひらき、トーマス・ルフは観ていて飽きないね。北島明と米田知子はテーマ的に好きだな。レスリー・キーと安藤政信の…