『愛を読むひと』ワーナーマイカルシネマズつきみ野


この物語を観て改めて思ったけれど、欧州という土地は歴史の中での罪の積み重ねというものがあると思う。人の営みも土地もその罪を地層のように積み重ねている。時には赦しを。そして断罪を与えてきたそういう自覚が感じられる。