4月の読了本

4月の読書メーター読んだ本の数:10読んだページ数:2639ナイス数:15紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)紙の動物園 (ケン・リュウ短篇傑作集1)読了日:04月25日 著者:ケン リュウ
訪問者訪問者読了日:04月25日 著者:恩田 陸
初陣―隠蔽捜査〈3.5〉 (新潮文庫)初陣―隠蔽捜査〈3.5〉 (新潮文庫)読了日:04月22日 著者:今野 敏
太陽・惑星太陽・惑星読了日:04月22日 著者:上田 岳弘
鳥と雲と薬草袋鳥と雲と薬草袋読了日:04月22日 著者:梨木 香歩
黄昏の百合の骨 (講談社文庫)黄昏の百合の骨 (講談社文庫)感想樹なつみなど往年の作品を思い出す昔懐かしのミステリアスな少女漫画の世界だ。美幌の叔母たち、魔女の館、百合の芳香、有能な従兄弟たち、理知と謎、悪の上澄み。この読書体験は10代の頃に戻る気分。読了日:04月11日 著者:恩田 陸
京都読書さんぽ京都読書さんぽ読了日:04月09日 著者:アリカ
春の庭春の庭感想技巧溢れる素晴らしい小説。街、アパートの住人たち、写真集『春の庭』に出てくる一軒家。人の移動、連なりが空間の拡がりを、建物や街に住む人々の記憶の層を現していく。著者の到達点のひとつかも。柴崎友香作品から浮かび上がる自然描写は、息吹を感じる春に読みたくなるね。読了日:04月07日 著者:柴崎 友香
ラストエンブリオ4 王の帰還 (角川スニーカー文庫)ラストエンブリオ4 王の帰還 (角川スニーカー文庫)読了日:04月05日 著者:竜ノ湖 太郎
まひるの月を追いかけて (文春文庫)まひるの月を追いかけて (文春文庫)感想‪行方を絶った異母兄。その彼女に誘われ奈良への旅路へ。巧い。最小限の人数の会話と、章の終わりで語られる逆転、奈良という空間で奏でられる愛と疑心のミステリ。演劇そのものなミステリ『木曜組曲』とは趣向は違うが、すごく芝居向きだと思うな。美しいラストだ。‬読了日:04月05日 著者:恩田 陸
読書メーター

広告を非表示にする