『ピクニック(1936)』シアター・イメージフォーラム


(11:30/12:30)
楽しかった!ブランコのシーンの躍動感、官能が垣間見える恋、水面、雨、『豊穣』その言葉に尽きる素晴らしい映画だった。シルビア・バタイユ演じるパリから来たお嬢さんを口説く地元の青年ふたりが腕を組んだり手を繋いだりするのを見て、いちゃいちゃしすぎやろとハッスルしてしまう。TLに毒されているのを感じてワシ震える……