『洋風画と泥絵 異国文化から生れた「工芸的絵画」』日本民藝館

f:id:kidou:20200313170058p:plain

2020年3月31日(火)~6月14日(日)

江戸時代、長崎の出島を通じて舶来した「異国」文化は、日本絵画に新しい表現を引き起こしました。異国的風物を主題に描いたガラス絵や長崎版画、眼鏡絵、東都の土産絵の江戸泥絵などに、西洋の絵画技法の影響下に描かれた洋風表現が見い出せます。当館創設者・柳宗悦が「工芸的絵画」と呼び民画として位置付けた、江戸時代後期の洋風画と泥絵を中心に紹介します。